川崎市川崎区の歯医者なら小田栄駅にある久保木歯科医院

  • 電話受付

    10:00~13:00 / 14:30~18:30

  • 休診日

    ⽊・⽇・祝※⼟は16:30までの診療となります

お口のメインテナンス/ブログ/一般歯科

歯周病の予防に効果的な食べ物って?避けたほうがいい食べ物もあわせてご紹介

歯周病の根本的な原因は、細菌感染です。

歯茎がP.g菌に代表される歯周病菌に感染することで、さまざまな症状を引き起こします。

ただ、歯周病は生活習慣病の一種ともいえるため、生活習慣を改善することで、効率良く予防できます。

その中でも食生活を改善することは非常に有効です。

そこで今回の記事では、歯周病予防に効果的な食べ物、避けた方が良い食べ物などをわかりやすく解説します。

 

■歯周病予防におすすめの食べ物

歯周病予防におすすめの食べ物としては、以下の栄養素や成分を含む食品が挙げられます。

  • 歯周病菌の活動を抑える「乳酸菌」

乳酸菌というと、腸で働く細菌として有名ですよね。いわゆる“善玉菌”であり、腸内で悪さをする悪玉菌の働きを抑制する作用が期待できます。実は、お口の中でも同じです。歯周病菌は、お口の中における悪玉菌であり、一部の乳酸菌でその活動を抑えることがわかっています。具体的には、乳酸菌LS-1や乳酸菌L8020などです。これらは市販のヨーグルトやタブレットに配合されています。

  • 歯茎を健康に保つ「ビタミンC」

ビタミンCは、歯茎を構成するコラーゲン繊維を作る上で欠かすことのできない栄養素です。歯茎の状態が良ければ、歯周病のような感染症にかかりにくくなります。そんなビタミンCは、イチゴやキウイフルーツ、ブロッコリー、レモンなどに豊富に含まれています。

  • 歯の再石灰化に寄与する「カルシウム」

カルシウムは、歯を構成する主な成分です。カルシウムをしっかり摂取することで、脱灰した歯の再石灰化が起こりやすくなり、歯の表面に汚れが形成されにくくなります。その結果、細菌の繁殖が抑えられ、歯周病予防に寄与します。カルシウムを豊富に含む食べ物としては、牛乳、ヨーグルト、チーズなどの乳製品、豆腐や納豆などの大豆製品が挙げられます。

 

■避けたほうが良い食べ物

歯周病を予防する上で避けた方が良い食べ物は、次の通りです。

  • 歯茎の炎症を促す食べ物

歯周病の主な症状は、歯茎や歯槽骨の炎症反応です。細菌感染によって、歯周組織に炎症が起こり、腫れや痛み、出血などをもたらします。ですから、炎症反応を促進するような熱い食べ物や辛い食べ物はできるだけ避けるようにしましょう。

  • 細菌の繁殖を促す食べ物

歯周病菌は、お口の中に残った食べカスなどをエサとして繁殖します。そのため、チョコレートやアメ、キャラメルのようなネバネバした食べ物はできるだけ避けるのが望ましいです。一見、問題のなさそうな清涼飲料水にもたくさんの糖質が含まれており、お口の中に残存しやすくなっているため要注意です。

  • 栄養バランスの悪い食べ物

歯周病は、細菌感染症の一種なので、予防するには全身の免疫状態にも配慮する必要があります。例えば、インスタントラーメンや冷凍食品、コンビニエンスストアのお弁当など、栄養のバランスが悪いものばかり食べていると、全身の免疫力が下がって、歯周病菌に感染しやすくなります。できれば自炊をして、新鮮な野菜、フルーツ、肉、魚などをバランス良く摂取するよう努めましょう。

 

■食べ物以外に気を付けること

歯周病は生活習慣病の一種であり、予防のためには食生活以外にも気を付ける点が多々あります。とくに以下に挙げる点が大切です。

  • よく噛んで唾液をたくさん出す

私たちの唾液には、抗菌作用・殺菌作用・自浄作用が期待できます。ですから、食事の際はよく噛んで唾液腺を刺激し、たくさんの唾液を分泌させましょう。そうすることで、歯周病菌の繁殖や働きを抑えることができます。

  • 適度な運動と十分な睡眠で免疫力を高める

全身の免疫力は、食事だけでなく、運動や睡眠によっても高めることができます。逆にいうと、運動や睡眠が不足した生活を送っていると、免疫力が低下して歯周病などの感染症にかかりやすくなるためご注意ください。

  • 喫煙は歯周病のリスク因子

現在、タバコを吸う習慣がある人は、できるだけ早く禁煙しましょう。タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素は、歯茎の血流を悪くし、酸素や栄養素の供給を妨げます。その結果、細菌が感染しやすくなり、歯周病のリスクが大きく上昇するのです。喫煙習慣は、歯周病を重症化させる主な原因でもあります。

  • ストレスはためずに解消する

ストレスも歯周病のリスク因子として有名です。仕事や勉強でストレスを受けてしまうことは仕方ありませんが、運動や遊びによって上手に解消することが重要です。週末は趣味の時間を作って、ストレスを緩和しましょう。

 

■まとめ

このように、歯周病予防の鍵を握るのは「免疫力」です。全身の免疫力が下がらないよう、食事や生活習慣に気を配ることで、歯周病を効率良く予防できます。歯科医院でのメンテナンス・歯科検診を定期的に受けることで、歯周病の予防効果はさらに高まります。歯周病予防を徹底したい方はぜひ当院までご相談ください。

PAGE TOP

TEL アクセス